2017年 サマープログラム 申込受付開始!

2017年 サマープログラムのご案内 英語圏での一般英語コース、集中コース、試験対策コース、大学体験、Pre-IBなどの様々なプログラムをご用意しています。 ホームステイ付きのプログラム  1998年からご紹介している定番プログラムです! 1)高校進学準備プログラム(HSP) (パース)対象:11~17歳 2)一般英語プログラム(パース)対象:18歳~ 3)アカデミック英語プログラム(パース)対象:17歳~ 4)英語...

THE 世界大学ランキング 2016-2017 ④ EUの中核としての国家戦略を保持するドイツの大学・研究機関

ドイツの戦略的役割  近年、ドイツは、文字通りEUの中軸国家として、アカデミズム・研究開発(R&D)を牽引する役割が大きくなっています。ドイツ系を中心とする国際企業からの研究資金供給が増加。ドイツ周辺国(中欧、ロシア、中近東に至るまで)から学生・研究者のドイツの大学・研究機関への流入も増加しています。多くの国が排他的移民政策へ傾斜して行く中、【緩やかな移民政策】と【EU圏以外出身者にも安価な学費体系】という戦略を維持、大学の国際化度アップにも貢献しています。USのトラン...

THE 世界大学ランキング2016-2017 ③ EU離脱の影響が予想されるUK

 以下のリストにあるように、THE世界大学ランキング2016-2017の1位~30位くらいまでの最上位ランクの大学は総じて大きな変化が見られませんが、今後変化が予想される国につき述べていきます。初回はEU 離脱による影響を大きくうけると予測されるUKを取り上げます。 首位のオックスフォードとUKの大学の今後  オックスフォード大学の首位獲得は、圧倒的なリサーチ力の勝利です。大学そのものはかなり保守的な学風ですが、各分野の先端研究や基礎研究を行う数多くの世界トップク...

THE 世界大学ランキング2016-2017 ②世界情勢の動きに連動する評価の動き

THE 世界大学ランキングとQS世界大学ランキングの評価ポイントの違い  以前にもこの2大世界大学ランキングの評価重点項目の違いを取り上げましたが、世界情勢の大きなうねりの中、今後この評価ポイントの違いがランキング自体の評価に影響を与えますので、再度取り上げることにしました。  THEとQSの世界大学ランキングは、評価軸に関する対立で2009年からそれぞれ独立しました。特にTHE世界大学ランキングは、その後も何度か評価項目の比重と方針を大きく変え、ランキングの評価の精...

THE 世界ランキング2016-17とQS世界ランキング2016-2017 ① ナショナリズムの台頭と世界の高等教育・研究開発機関

 二大世界ランキングと言われるQS世界大学ランキングとTHE(Times Higher Education) 世界大学ランキングは今年も9月下旬には出そろいました。双方とも例年に比べてランキングの乱高下が比較的少ない年でした。また、双方とも基本的には前年度を踏襲し、基礎データの拡充と整備を図った年度でした。これは、本年度のランキングに使用されたデータは、後述のBrexitを決定した国民投票とトランプ氏の当選以前のものなので、この2つの出来事は基本的に反映されていないためです。...
ニュース一覧を見る

海外教育プログラム INDIVIDUAL / CORPORATE

グローバル教育企画 GLOBAL EDUCATION

  • よくある質問 FAQ
  • 参加者、利用者の声 VOICE

ページトップへ