代表挨拶

HOME > 代表挨拶 > ワールドスクエアの方針

ワールドスクエアの方針

イメージ画像

専門性の高いカウンセリング

生徒一人ひとりの学習ニーズ、学習歴や学習特性、成長段階や個性を尊重したカウンセリングを行います。日本のカリキュラムだけでなく、各国の教育制度に精通しているからできる専門性の高いカウンセリングです。教育機関や学校法人の皆様には、国際教育の視点で、さまざまな目的やプロジェクトに対応させていただきます。インターナショナルスクールでの教育やカリキュラムに精通しているからこそできるカウンセリングです。

学習ゴール達成のためのカスタマイズプランニング

短期的、中期的、長期的な学習ゴールを考えた、カスタマイズプランニングをします。海外生の帰国や転勤がいつになるかわからない状況に対応できる、柔軟性のあるプランニングが強みです。こうした豊富な経験やノウハウが、多様な学習歴、学習特性、あるいは、学習ゴールに対して、さまざまな選択肢の提供を可能にしています。

多国籍環境の中で活躍できるグローバル人材を育成

インターナショナルバカロレア【IB・International Baccalaureate】やその他の国際的カリキュラム、PISA型学習観、バイリンガル教育等々、世界標準のコンセプトや代表的取り組み、その精神を基本にしたグローバル人材育成をその基本方針においています。最新の世界の教育の潮流も常にWATCH、価値のあるものをいち早く取り込む柔軟な運営をしています。

日本の教育のグローバル化のための支援プロジェクトの推進

様々なバックグラウンドをもつ外国人留学生が日本の大学で英語の講義を受け、日本人学生と協同で研究を進められるような多国籍環境のキャンパス、世界の大学と単位互換できるグローバル型大学を実現するための支援プロジェクトに力をいれています。
また、国際水準の中等教育カリキュラム導入、国内外を問わず、志望の大学学部に国際併願できるような進路提案等、海外を基点として長年蓄積した国際教育の知識や経験を活かし、30年後、50年後を見据えた支援プロジェクトを提案、実行いたします。

日本の大学の、海外からの留学生の募集をする支援にも力をいれています。

ページトップへ