参加者の声

HOME > 参加者、利用者の声

ワールドスクエアの国際教育プログラムに参加した方々のコメントを紹介します。

五十嵐孝成くん 参加者の声

五十嵐孝成くん
トロント大学サマーコース 2016年夏参加

Stamford American International School 7年生(参加当時の学年)

●生徒 五十嵐孝成くん

*自分から行きたいと思ったのですか?
両親に勧められてですが、行ったことのない国へ行ってみたいと思い参加を決めました。

*どんな体験となりましたか?
充実したプログラムだったので、勉強だけでなく遊びや観光など満喫できました。

*どの国から来た人と一番仲良くなれましたか?
同室だった14歳のメキシコ人です。

*その友達とはどんな事をしたり、話したりしましたか?
休み時間にサッカーをしたり、お互いの国のサッカー選手や通っている学校の事などを話しました。

*事前に立てた目標は達成できましたか?
英単語を毎日5個覚えるという目標は達成できませんでしたが、午後のクラスで書く英作文のお蔭でwriting力がついたように思います。

*一番印象に残っているのはどんなことですか?
ナイアガラの滝を見に行ったことです。自然の雄大さを間近に感じることができました。

*ホームシックになりませんでしたか?困ったことはありませんでしたか?
全くありませんでした。

*滞在した寮はどうでしたか?
ご飯が毎食似たようなものが出てきたので、少し飽きました。部屋は広く清潔だったので快適に過ごせました。

*満足度としては何点ですか?100点 満点で答えて下さい。
100点です。

*授業はどうでしたか?何を勉強しましたか?教師はどうでしたか?
午前と午後各3時間の授業は自分のレベルに合っていて、4技能をバランスよく学べました。午前中の先生は面白い先生で、午後の先生は少し怖かったですが、丁寧に教えてもらいました。

*英語力は伸びたと実感していますか?
伸びたと思います。ただ、日本人の友達と一緒の時間も結構あったので、その時間をもっと英語を使うようにしたら良かったなと思いました。

*このコースをお友達に薦めますか?それはなぜですか?
薦めます。世界各国の友達ができ、それぞれの国の話を聞くことで世界に興味を持てるようになるからです。また、親から離れて生活してみるのも良い体験となります。英語の授業も午前と午後の各3時間あるので、夏休みの間も英語力の維持ができるからです。

●保護者より

*参加動機を教えて下さい。
英語の壁をもう一壁打破させたい、そのためには長い夏休みをいかに有意義に過ごさせようか、そして一度親元を離れて自立した環境を与えたいと思っていたところ、今回のサマースクールをご紹介頂きました。

*コースを決めた理由は何でしょうか?
カナダ屈指の大学であるトロント大で約1か月間、寮生活をしながら午前午後合わせて6時間の英語学習、夜と週末はアクティビティに参加と大変充実したコース内容であったからです。

*ご参加いただき、いかがでしたでしょうか?
今回申し込んだサマースクールは対象年齢が12歳から18歳と幅広く、息子はその中で最年少。他の参加者は割と年齢が高い人が多かったようですが、サッカーの話で盛り上がったり、年齢、国籍を超えた交流ができ楽しく過ごせたそうです。帰国間際にトルコでクーデターが起こり、トルコ人の友人達が国に帰れないかもしれないと大騒ぎになったりと、世界で今何が起こっているのか身近に世界情勢を感じられたと思います。英語については、最初のレベルチェックで一番上のクラスになりましたが、自分には適切なレベルであったと聞いています。

*申込、手続きに関してはいかがでしたか?
人気のあるサマースクールでしたので申込み時には残席僅かでしたが、迅速にお取り計らい頂いたことで申込みができ、諸々の手続きに関しても丁寧に大学との仲介をして頂きました。カナダは入国審査が厳しいとのこと※でしたが、持参する資料等細やかにご指示頂き、安心して送り出すことができました。
※2016年eTA(電子渡航申請)導入で入国審査が以前より厳しくなると予想されたため。

*お知り合いにお薦めするポイントがあれば教えて下さい。
・一日6時間のレベル別英語学習
・様々なアクティビティでカナダの大自然や街を満喫できる。
・自分の服の洗濯、乾燥、畳み等を経験することで自立への第一歩を図れる。
・世界中に友達が作れる。

仲野りかこさん 参加者の声

仲野りかこさん
パース HSP英語集中プログラム 2016年夏参加月

GEMS World Academy 10年生(参加当時の学年)

●生徒 仲野りかこさん

*自分から行きたいと思ったのですか?
インターに入って数カ月、英語でのコミュニケーションに苦しんでいて、この夏に絶対に英語力を上げたいと思い短期留学に行ってみようと思いました。

*どんな体験となりましたか?
非常に良い経験となりました。パースで4週間過ごし、以前に比べて英語で話すことに対して怖気着くことがなくなったと思います。友達もたくさんでき、週末にはショッピングモールに行ったり、ビーチに行ったりしました。ホストファミリーは本当によくしてくれて、後半は本当の家族のように接してくれました。ホストマザーとたくさん話をし、編み物を習ったりもしました。

*どの国から来た人と一番仲良くなれましたか?
タイ、中国、イタリア人の友達と仲良くなり、一緒に行動することが多かったです。

*その友達とはどんな事をしたり、話したりしましたか?
学校の先生やクラスの話、ホストファミリーの話、趣味の話、英語の単語の母国語での表現について。ショッピングモール、ビーチにも一緒に行きました。

*一番印象に残っているのはどんなことですか?
ホストマザーとたくさん楽しい時間を過ごしたこと。あと、パースはゆったり、のんびりしていて、家族を大切にしていることがとても印象的でした。

*どんなホストファミリーでしたか?
ホストマザー、同い年のシスター、ペットの犬がいました。ホストマザーにはなんでも質問していました。最後には家族のように接してくれ、ホストマザーに編み物を習ったりしました。帰った後も『犬もりかこが居なくて寂しがっている』とメールが来ました。

*満足度としては何点ですか?100点 満点で答えて下さい。
100点です。ホームステイが楽しかったこと、たくさんの友人ができたこと、英語を話すことに対して抵抗がなくなったこと、すべて含めて100点です。

*クラスはどんな感じでしたか?何を勉強しましたか?宿題はでましたか?
最初の1、2週間は学校で一番厳しい先生が担当でした。厳しかったですが、授業や宿題にもしっかり取り組むことができました。宿題はたくさんでました。プリントなどの授業内容の宿題に加え、毎日日記を書き、毎朝一人ずつニュースについての発表がありました。

*この語学研修をお友達に薦めますか?それはなぜですか?
はい、薦めます。なぜなら、英語を以前より積極的に話すことが出来るようになったからです。ホストファミリーでの体験も楽しく、パースはとても過ごしやすい街でした。また、パースは外国人学生の受け入れに慣れており、制度や環境が整っているため、初めて海外で英語留学をするにはおすすめの場所です。

*英語力はどのくらい伸びたと実感していますか?
英語を話すことが怖くなくなりました。また、毎日日記を書いていたので、ライティングでは長文が以前よりもすらすら書けるようになりました。英語学習のモチベーションも上がり、学校が始まったら、外国人の友達ともっと英語で話をして仲良くなりたいです。英語の宿題に関しても、わからないことはすぐに学校の先生に聞いていましたが、これからはできるところまで自分で考えてやってみてから先生に聞くようにしたいと思います。

●保護者より

*研修プログラムを決めた理由は何でしょうか?
この夏にどうしても英語力を上げたいと思っており、夏の期間中にアカデミックな英語力を伸ばせるというコースの内容が決め手でした。また、知らない場所にはじめて未成年ひとりで行かせるのは心配だったため、信頼できる日系のエージェントを選びました。

*ご参加いただき、いかがでしたでしょうか?
以前より、英語の勉強や話すことに対して前向きになり、表情も変わり、非常によい経験になったと思います。特にホストファミリーでの生活が娘も楽しかったようで、英語だけでの生活に慣れ、以前よりも少し自立し、成長したように思います。

*申込、手続きに関してはいかがでしたか?
非常にスムーズでした。

*お知り合いにお薦めするポイントがあれば教えて下さい。
パース HSP英語集中プログラムは短期間でアカデミックな英語力をしっかりと上げることができるコースのため、娘のようにインター校に入ったばかりで英語でのコミュニケーション力を上げたいお子さんにおすすめです。

利用者の声

横浜市立南高等学校
山内裕介先生


文部科学省よりSGH(スーパーグローバルハイスクール)に指定され,その事業の一環としてシンガポールでの海外研修を実施しました。
約1週間のプログラムでワールドスクエアの皆さんには、様々な面でサポートを受けました。

本校にとってシンガポールでの海外研修は初めての経験でしたが、代表の後藤先生をはじめとするスタッフの皆さんの細かいところまで行き届いたご配慮のおかげで、円滑に海外研修を進められました。また、スタッフの皆さんがとても親しくコミュニケーションをとってくださり、その中からも生徒たちは海外で働くということについて体験的に学ぶことができました。

教育プログラムの中で最も印象的だったのは、異文化理解のプログラムです。

まず、インド人の講師の方から英語による講義を受けました。内容は、華人、マレー人、インド人、ムスリム、キリスト教徒といったシンガポールに住む多様な文化をもった人々の生活習慣やものの考え方などについて。分かりやすい資料や実物などを使い、生徒たちの理解の様子を見ながら丁寧にお話ししてくださいました。

次に、ヒンドゥー教の寺院の見学とリトルインディアでのカレーを手で食べる体験、アラブ人街でのモスクの見学などを行いました。

最後に、海外研修のまとめとして行ったポスターによるプレゼンテーションでは、生徒たちの英語での発表に対して、外国人の方や海外経験豊富な日本人の方に英語でフィードバックをもらいました。

シンガポールという多文化国家で、聴いて,体験して(見て感じて)、考えて、発表する、それに対するフィードバックを受けるという活動を通して、生徒たちが自らの目的や興味関心に沿って学ぶ実りある海外研修を実現することができました。


「グローバル化の進展と国際併願」というタイトルの講演を拝聴いたしました。
「グローバル化」の現実を改めて実感する貴重な機会となりました。

アジア新興市場の動向や富裕層の成長による格差の拡大、競争の激化といった現実を職場の生徒たちにどのように伝えれば良いのか、考えさせられました。と同時に、私学の教員として生徒たちにできることは何なのか、私学の果たすべき役割とは何なのか、深く考えさせられました。

講演の最後に、これからのキャリアデザイン像を示していただいたことは大変参考になりました。


山口景大くん 参加者の声

山口景大くん
ブリティッシュ・コロンビア大学 サマースクール 2015年夏参加

ISS International School Singapore10年生

●生徒 山口景大くん
*自分から行きたいと思ったの?
両親から紹介され、行きたいと思って決めました。

*どんな体験となりましたか?
大学での生活を経験する貴重な体験になりました。

*事前に立てた目標は達成できましたか?(内容)
積極的に行動するという目標を立てていましたが、だいぶ達成できたと思います。授業では、積極的にならないと入っていけない場面が沢山あり、思い切って行動することができました。

*一番印象に残っているのはどんなことですか?
生活していた寮のみんなで、このプログラムを宣伝するプロモーションビデオを作った事です。チームの団結力は素晴らしかったです。ビデオはYouTubeに公開されています。
“EUL 1 2015”
https://www.youtube.com/watch?v=YZpAGMZNT7Q

*困ったことはありませんでしたか?
カルチャーショックはありませんでした。いつもプログラム参加者のみんなで団体行動をとっていたので安心でしたが、都心部に出かけるときには少し緊張しました。寮での普段の生活ではなにも困ったことはありませんでした。

*満足度としては何点ですか?100点満点で答えて下さい。
90/100点
アクティビティとプログラムの内容は大満足です!個人的に一番印象に残ったアクティビティは、UBCの敷地内にある博物館 (Museum of Anthropology) へ見学に行ったことです。 骨董品や民族衣装などカナダの歴史に深い関わりのある展示がたくさん並べられていました。中でも一番鮮明に記憶に残っているのは、入り口から入ってすぐに見られるトーテムポールの数々です。博物館見学の他にも、シャノンフォールズという滝を見に行ったり、ウィスラーという観光地まで遠足に行ったりと、カナダの雰囲気が十分に楽しめるアクティビティが満載でした。
このコースでは、英語の論文を書く授業やプレゼンスキルに磨きをかける授業、さらにクリティカルシンキング(相手の需要に要領よく答えるための高等技術)を養うための授業などがあり、いずれも少し難易度が高かったものの、内容は非常に濃く、重要なことばかりだったので、参加して良かったと思っています。
寮のカフェテリアでの食事は、少し飽きてくることもありました。時々友達と街にでて、みんなで食事をしました。グリルド チーズ サンドイッチが最高でした!

*プログラム参加の前後で、学校生活において大きな変化は何かありましたか?
進路について考えるきっかけになり、真剣に考えるようになりました。大学紹介など、以前より気にして見るようになりました。

*このプログラムをお友達に薦めますか?それはなぜですか?
UBCに進学したい人には強くお勧めします。プログラム参加者の多くは、UBCへの入学を希望していて、大学の下見のような感じで参加していました。また、僕のように、進路の方向性がまだ決まっていない人にとっても、外国で大学に通う雰囲気と感覚がつかめるので、良いと思います。プログラムを通して、将来自分が何をやりたいのか、気が付くことがあると思います。

●保護者様より
*参加の動機は何でしょうか? 
系列の塾にお世話になっており、資料を頂いたのがきっかけです。本人に見せたところ、思いのほか乗り気でした。

*このプログラムに決めた理由はなんでしたか?
大学がどういうところか体験するいい機会になると思ったからです。上の学年になるともっと勉強が忙しくなるので、いいタイミングだったと思います。

*参加させてよかったですか?
はい、帰国後もSNSでお友達と連絡をと取り合うなど、とても楽しかったようです。ちょうどギリシャ破綻危機の時だったのですが、ローマから来たお友達のプレゼンテーションがとても興味深かったようで、いい経験ができたと思います。

*申込みや手続きについては、いかがでしたか?
スタッフの皆様に迅速な対応をして頂き、全く不安はありませんでした。事前のコンサルティングも本人の不安解消につながったと思います。(親がうるさく言うのを嫌がる年齢でもありますし…。)出発・帰国直前には、現地のチームリーダー(お世話役)の方達から写真・連絡先入りのメールが届き、それも安心材料のひとつでした

*お知り合いに薦めるとしたら、お薦めのポイントはありますか?
参加理由と重複しますが、大学での生活を体験するのによい機会になると思います。この時期だからこそ意味があったと思います。引率者がいるツアーではなく、行き帰りも自分ひとり、参加者の中で、日本人は息子だけだったようで、少しはタフになったのではないでしょうか。2週間、全く日本語を使わなかったのも人生で初めて経験だったようです。

池本仁美さん 参加者の声

池本仁美さん
パース HSP英語集中プログラム 2015年夏参加

シンガポール日本人中学校1年生

●生徒 池本仁美さん
*自分から行きたいと思ったの?
はい。折角の夏休みなので何か将来につながる新しいことをしたいと思いお母さんにお願いしました。

*どんな体験となりましたか?
いろんな国の人と関わる事が出来て、楽しい体験になりました。インターナショナルスクールに行っていた時の事がよみがえってきました。

*どの国から来た人と一番仲良くなれましたか?
イタリアとタイのハーフの子と、香港から来た子です。

*その人とは、どんな事をしたり、話したりしましたか?
主にお互いの国のことや学校のこと、それからホームステイの事について話しました。よく洋楽を聴いたりしたのでその話もしました。

*事前に立てた目標は達成できた?(内容)
はい。授業で積極的に発言すること。ライティングを頑張ることを達成することが出来ました。毎日のライティングの宿題が出て、何回も同じところを直されるうちにどんどん身についていきました。

*一番印象に残っているのは?
毎週末に自分の国に帰るクラスの子の為にパーティーを開いた事です。前日に前もってそれぞれお菓子を用意して、昼食の時間に賞状を渡されて、皆で写真を撮ったりしました。

*ホームシックになった?困ったことは?
全然ありませんでした。

*どんなホストファミリーでしたか?
同じ年代の子供が3人いて、夜は犬の散歩がてら公園で遊んだりもしました。ホストファミリーも、皆やさしくて困ったことがあったらすぐに助けてくれました。ホストファザーがサックスの演奏者でそれを演奏するショー(ミュージカルみたいなの)に連れて行ってもらって、とても感動しました。
*満足度としては何点ですか?100点満点で答えて下さい。
80点です。残りの20点は日本人が少し多くてあんまり授業中以外は英語をしゃべる機会が持てなくなったことです。1クラスは約10人ほどでした。その大半は中国や香港などの東アジアから来ていました。日本人はクラスには私だけでした。

*クラスはどんな感じでしたか?何を勉強しましたか?宿題はでましたか?
とても楽しい雰囲気でした。少し年上の子たちばっかりで最初は戸惑いを感じましたが、英語のレベルが同じぐらいだったのですぐになじむことができました。勉強したのは主にグラマー、あんまり普段使わないような難しい言葉のプリントをやったり、社会問題についての話し合い(自分の国はどんな感じかなど...)をやりました。宿題は毎日段落文章を書くこと。お題は主にテキストから先生が出してくれます。

*この語学研修をお友達に薦めますか?それはなぜですか?
はい。他の国の友達がほしかったり、自分の英語力を伸ばしたかったり、自分の今いる環境からリフレッシュしたい人 には是非お勧めしたいです。

*仁美さんの英語力はどのくらい伸びたと実感していますか?
日本人学校に今はいるのであんまり英語の授業以外英語を話す機会がなかったのですが、インター校にいた時と同じぐらいのコミュニケーション力は戻ってきた感じがします。毎日文章を書く宿題が出ていたお陰か、文章を書くのは楽になりました。

●保護者より
*参加の動機は何でしょうか? 
シンガポールでの生活を通し、ホームステイや留学に憧れや関心がありました。家族と離れて自立し、異文化を体験する機会として参加を決めました。

*この研修プログラムに決めた理由はなんでしたか?
以前よりワールドスクエアのホームページを拝見していたので、ホームステイをするならば是非という思いがあり、海外教育プログラムが豊富で条件が希望通りだったので申し込みいたしました。

*ご参加いただき、いかがでしたでしょうか?
初ホームステイということもあり、期間を2週間か3週間か迷いましたが、3週間にしました。新しいお友達と交流ができ楽しい思い出ができたようです。

*申込、手続きに関してはいかがでしたか?
ワールドスクエアの出発前のオリエンテーションも大変しっかり対応してくださり、持ち物の準備など細かくアドバイス頂けて安心でした。渡航に関する準備も、すべてお任せ又は個人でもと選択肢があるところも良かったと思います。出発前に、現地の直前天候や服装の情報を教えて頂き、体調管理に役立ちました。現地サポーターからは、現地到着後、帰国前も迅速に連絡頂け、しっかりサポート頂き感謝しております。

*お知り合いに薦めるとしたら、お薦めのポイントはありますか?
参加前は何かと心配でしたがホストファミリーやクラスメイトと過ごした3週間は文化習慣の違いを経験し視野も広がったように思います。

宮結莉亜さん 参加者の声

宮結莉亜さん
ブリズベン 英語集中学習コース 2015年夏参加

土浦日本大学中等教育学校5年生

●生徒 宮結莉亜さん
*自分から行きたいと思ったの?
自分から行きたいと思って、行きました。

*どんな体験となりましたか?
私にとって、将来の道が明確になった体験です。もっと英語とふれあって生活したいと思いました。

*事前に立てた目標は達成できた?(内容)
  完璧ではないけれど、達成できたと思います。

*一番印象に残っているのは?
一緒にステイしていた中国人の女の子と仲良くなれたことです。二人で、たくさん観光しました。ゴールドコーストやブリスベンシティに行ったり、コアラにも会いに行きました!普段は中国と日本の違いなどについて話をしました。

*ホームシックになった?困ったことは?
最初の2週間は、とてつもなくホームシックでした。 けれど、帰国が近づくにつれて、オーストラリアでもっと生活したい!と思うように なっていきました。語学学校の先生に英語を褒められたとき、少しだけ自信がつきました。とくに、Writingは自信がつきました。

*困ったことはありませんでしたか?
最初は、言葉がなかなか通じなくて、泣いてしまったこともありました。ホストファミリーとの交流の仕方には悩むところがありました。

*満足度としては何点?
80点です。100点に満たない20点は、もっと単語力をつけられたらな、と思ったからです。

*この語学研修をお友達に薦めますか?それはなぜですか?
1人で海外に行きたい!と思っている人にはオススメです。周りに日本語を使う環境がまったくないのと知り合いもいないので、精神的に強くなれた気がします。

*この語学研修を通して、今後 の抱負など新たな決意はありますか?
新たな決意は、もっと英語を学んでいくということです。またいつか長期の休みを利用して行きたいと思います。

●保護者より
*参加の動機は何でしょうか? 
本人が海外研修に行ってみたいと希望したからです。

*この研修プログラムに決めた理由はなんでしたか?
他の様々なプログラムと比較して、しっかり語学を学べる環境が整っていると判断したことと、学校の英語の教師の勧めもありワールドスクエアさんを信頼できると判断したからです。

*参加させてよかったですか?
はい、心からよかったと思っています。私自身(親自身)にとってよかったという面もありますが、どちらかというと、子どもにとってかけがえのない体験になったと思うので、子どもにとってよかったと思っています。

*申込みや手続きについては、いかがでしたか?
きめ細やかにフォローいただいたので、特段困った点もありませんでしたし、心配な点もありませんでした。

*お知り合いに薦めるとしたら、お薦めのポイントはありますか?
・語学をしっかり学べる点
・ホームステイすることで、家庭では培えない生活力が身につく点
・知人もいない環境なので、問題解決力を養える点
・外国人の物の見方、考え方、コミュニケーションの取り方などを身をもって学べる点
・自分から積極的に周囲に関わることが必要なことだと理解できる点 など

*同年代の保護者様へのメッセージをお願い致します
英会話力がそれほど身についていない状態でホームステイをさせることについては、心配な点もたくさんありましたが、経験させてよかったと思っています。子どもがチャレンジする様子をただただ見守るのは、親の忍耐力が必要なところも大きいですが、ときにそれも大事なんだと実感できるホームステイ体験でした。

堀澤圭太くん 参加者の声

堀澤圭太くん
ブリズベン 英語集中学習コース 2015年夏参加

土浦日本大学中等教育学校5年生

●生徒 堀澤圭太くん
とてもいい経験になりました。特に、色々な国籍の方や年齢の方と話せたことです。自分が思っていたこととは違う意見や、ものの見方を実感出来たことが良い体験だったと思いました。

*事前に立てた目標は達成できた?(内容)
  できたところとできないところがありました。できたことは積極的にホストファミリーと話すこと。 できなかった、というかもっと出来たと思うことは、留学生たちと話すことです。楽しく過ごせて良かったのですが、他の留学生たちと時間が合わないことがあり、あまり話せなかったのが残念でした。

*一番印象に残っているのは?
物価の高さですね。コーラが400円したのには驚きました。

*ホームシックになった?困ったことは?
ホームシックにはなりませんでした。困ったことも特に無かったです。

*満足度としては何点?
90点です。足らない10点分は、もっと友達を増やせばよかった点です。

*この語学研修をお友達に薦めますか?それはなぜですか?
すすめます。なぜなら本当に自分の実力が試されるいい機会だと思ったからです。 自分ではあまりそう思っていなかったのですが、よく聞けていると学校の先生や友達に言われました。一日中英語の中で生活をして、耳が徐々に慣れていくのは実感でき、自分の強みがわかりました。

*この語学研修を通して、今後の抱負など、新たな決意はありますか?
必ずまたオーストラリアに戻りたいと強く思いました。

●保護者より
*参加の動機は?
息子の行きたい学校がオーストラリアだったのとホームステイを体験させてあげたかったからです。

*プログラムを決めた決定理由は?
後藤先生の勧めもあり決めました。

*参加させてよかったですか?
たいへん良かったと感じております。

*申込みや手続きについては、いかがでしたか?
すべて手続きしてもらえたのでありがたかったです。

*お友達に薦めるとしたら、お薦めのポイントは?
手厚いフォローです。

*同年代のお母様へのメッセージを!
安心して子供たちを任せられるプログラムなのでみなさんにもお教えしたいです。

参加者の声

後藤桃佳さん
トロント大学サマーコース 2015年夏参加

上海 協和双語学校 (高校1年生)

●後藤桃佳さん
今年の夏は今までの人生で一番楽しく充実した時間をトロントで過ごすことができました!時間が経つのは本当に早くて、この4週間の出来事は全て鮮明に記憶しています。

朝のTOEFLの授業ではすごく勉強がたくさんあったと思うのですが、自分の苦手なスピーキングの成長を感じています。午後の授業のインテンシブイングリッシュは朝と比べるとゆったりしていていましたが、スピーキングが重要なディベートやディスカッションなどを主な活動としていて、良かったと思います。
アクティビティーなど毎日とても忙しくて、すごく疲れました。でも、朝は割とゆっくりと起きて授業に行けたので丁度よかったです。観光もたくさんできて、トロントが大好きになりました。トロント大学はキャンパスがすごく綺麗でたくさん写真を撮りました。散歩もたくさんしてキャンパスの位置関係はマスターできたと思います。
食事は最初の一週間はまずいと感じていましたが、最終的には自分自身適応していることに驚きました。不思議なことに日本食などが恋しくなることもありませんでした。ホームシックなどにもならず、4週間ずっと幸せでした。
目標については、スピーキングとリスニングはバッチリ頑張れました。友達とたくさん話して、たくさん聞いて、上達できました。スピーキングは自然に、そしてリスニングはヨーロッパなまりの英語を聞き取れるようになりました。語彙力は、授業中にわからない言葉などを先生に聞いたりして少しは伸びたかなと思います。
初めてトルコ人、ブラジル人、メキシコ人などと出会って、クラスやスポーツなどを通して友達がたくさんできました。カウンセラーもみんな優しくて、いっぱいお話できました。シャイにならずに、自分から人に話しかけることの重要さが分かりました。自分で起床したり、洗濯したりと少し自立もできたような気がします。何より、自分の英語が普通に通じて、毎日違う国の人と話しができるのが自分の自信につながりました。2年後、高校を卒業してトロント大学に行けるように頑張ります。この素晴らしい経験は一生忘れないし、思い出と友達は一生大切にしたいです。

●保護者 後藤由美子さん
*お友達に薦めるとしたら、お薦めのポイントは?
・申様々な国の友人ができ、その国の文化や教育について知ることができる。
・英語力の向上。
・大学で授業を受け生活するので、大学の雰囲気を味わうことができる。

山口彬くん 参加者の声

山口彬(あきら)くん
シンガポール 男子 パース 英語集中プログラム 2週間コース

シンガポール日本人学校 クレメンティ校6年

●生徒 山口彬(あきら)くん
*自分から行きたいと思ったの?
親からすすめられて、最初は拒否したけれど、オーストラリアの旅行ガイドを見ているうちに、行ってもいいかな・・・と思い始め、だんだんと積極的に参加しようと思った。

*どんな体験となりましたか?
思った以上によかった。友達がいっぱいできて、ホームステイの人が親切だった。
クラスは8人で、ベトナム、フランス、ブラジル、中国から来ていて、クラス以外の人も含め、コース全員と友達になった。友達が優しかったので気軽に話すことができた。勉強は難しかったけど、楽しかった。現地サポーターの人も話しやすかった。

*事前に立てた目標は達成できた?(内容)
  目標にしていた英単語もたくさん覚えられた。英語も気軽に話すことができた。

*一番印象に残っているのは?
ホームステイの人とした、バーベキュー。美味しかった。ホストがやさしかったので積極的に話しかけることができた。家族のように接してくれてうれしかった。

*ホームシックになった?困ったことは?
ホームシックにはならなかったけど、後半、ラーメンやたこやきが食べたくなった。

*満足度としては何点?
90点 10点の減点は毎日疲れたことと、マーガレット先生が厳しかった。

*お友達に薦めるとしたら?
楽しかった。いい経験をして得した。参加して後悔しないよと伝えたい。

●保護者 山口弘子さん
*参加の動機は?
15年間のシンガポール生活の最後に記念すべきいい経験として、また、中学生になるにあたって自立心を養ってもらいたかったので参加させました。小4ぐらいからプログラムを考え始め、小6で参加させました。日本に一人で一時帰国させたりして事前にトレーニングをしました。

*プログラムを決めた決定理由は?
ワールドスクエアの海外学習プログラムについては、教育セミナーや通塾していた学習塾からパンフレットをもらっていたので、数年前からよく知っていました。午後までクラスがあるので、息子の年齢に適していると思いました。お任せすることに不安はなく、迷わず「HSP-現地校編入準備のための英語集中コース」に決めました。

*参加させてよかったですか?
チャンギ空港で笑顔をみたとき、行かせてよかったと実感しました。帰ってきたとき、自分からいろいろなことをしゃべって生き生きしていました。いいホストに恵まれ、楽しく、いい思い出ができたようです。英語のコミュニケーションをあきらめることなく常に自由に英語を話せたことも本人の自信になったようです。
特に、出発前オリエンテーションで課題とされた「自分で確認する事項」をすべてスムーズに実行してきたことで、目的とした自立の一助になったと実感できました。具体的には、朝の時間や学校の部屋の確認、シャワー時間や食事時間の確認等、です。目標とした新しい単語を覚えることを達成したことも嬉しかったです。
日本人小学校での英会話の授業と英検にはチャレンジしてきましたが、本人の向上心の為にも、今回のように実践の場を与えることは大切だと感じました。これからの中学・高校生活のどこかのタイミングで、また、参加させたいと思いました。

*申込みや手続きについては、いかがでしたか?
3月に本帰国が決まっていたので、忙しく、航空券の取得からVISAまで、すべてをお任せできたので助かりました。

*お友達に薦めるとしたら、お薦めのポイントは?
・申込み後の資料が充実、現地での生活で知りたいことが丁寧に説明されていたこと。
・出発日の指定がなく、都合に合わせてスケジュールが決められること。
・現地の語学学校がとてもいい質だった。知り合いから聞いたとおりだった。
・空港送迎を日本人の現地サポーターがしてくれたり、滞在中の報告を頂けたりと、いざとなれば相談できる人がいるので安心。

*同年代のお母様へのメッセージを!
子供にあった箱を整えるのが親の役目。12歳の息子が自分で何を学ぼうかと考え、興味をもって体験し、いい刺激を得られたことに意義があり、よかったと思います。

最後に、満足度としては何点?減点は?の質問に、100点と笑顔でお答えいただきました。

堀江丈二くん 参加者の声

堀江丈二くん
シンガポール 男子 トロント TOEFLコース 2013年参加

オーバーシーズ ファミリースクール(OFS) G9(参加当時の学年)

●生徒 堀江丈二くん
インター校に入って2年目で、英語力の向上を考えていたところ、親からプログラムを薦められたので参加した。

サマースクールは、毎日楽しく、テレビで英語のスポーツ・ニュースを見られたのが良かった。クラスの友達は、ロシア人、イタリア人、トルコ人、台湾人、日本人。学習面では、英語の発音を良くすることを目的に参加した。発音については短時間では難しかったけれど、最後のTOEFLの模擬テスト(Paper Test)では85点取れ、確実に力がついたことを実感した。
期間中、一番印象に残っているのは、アクティビティで、BLUE JAYSの野球観戦をしたこと。満足度としては88点。12点の減点理由は食事があまり美味しくなかった。
*お友達に薦めるとしたら、お薦めのポイントは?
・カナダの観光ができる!
・海外に友達ができる!
・BLUE JAYS の試合が観戦できる!

●保護者 堀江かわな様
息子にプログラムの参加を薦めた動機は、大学進学にむけて、海外大学のキャンパスの雰囲気を早い段階に肌で感じ取って、具体的な考えにつなげて欲しかったことと、夏休みを利用して、TOEFLの勉強を集中的にしてもらいたかったためです。
プログラムは教育雑誌の広告でいろいろ見ましたが、ワールドスクエアのプログラムは名門トロント大学キャンパスで寮生活ができる点が気に入りました。実際に、楽しそうにいきいき帰ってきたとき、息子のが目標のひとつとした英語の会話力が上達したこと、寮では普段はしない洗濯など自分でやって自立心を養ってきたと実感でき、参加させてよかったと思いました。外国に住む友達がたくさんできたことも海外の大学のメリットと感じたようです。 申し込みをしたとき、すでに期限を過ぎていましたが、キャンセル待ちで受付をしていただき、参加できることになりました。満足度としては90点 減点は寮の食事があまり美味しくなかったようです。

*お友達に薦めるとしたら、お薦めのポイントは?
・TOEFLのスコアーが上がる!
・1カ月の寮生活で自立心が養われる!
・子供の活動写真をインターネットで確認できる!

村上和歌子さん 参加者の声

村上和歌子さん
パース HSP英語集中学習コースに参加 2012年7月

香港日本人学校 中学部2年(参加当時の学年)

●生徒 村上和歌子さん
いろいろな国の人たちと交流できて、とても楽しく、参加して本当によかったと思いました。

英語を自由に話して、英語を話すことが怖くなくなり、自信がつきました。クラスのレベルはちょうどよく、ペアになってフレーズ(表現)の練習をしたり、4人グループで単語の連想ゲームをしたりして、単語も増えました。英語で発言する機会が多く、毎日が充実していました。今でも教わった単語のまとめ方で単語の勉強をしています。同じ学校に通うフランスからの留学生が近所にいて、最初の1週間は一緒に通学、通学にも問題がありませんでした。
ホストファミリーとは大きなショッピングモールにいったりしました。海に行って、砂浜で遊んだことが一番印象に残っています。初めてみたインド洋がすごくきれいでした。お友達には、英語でコミュニケーションがとれてとても楽しいよ!と勧めたいです。

●保護者 村上久美子さま
通塾する塾から参加者が長年あるプログラムということで最初から安心感がありました。娘に参加を勧めたのは、親元を離れて違う国にいくことで、視野が広がり、また、度胸がつくのではと考えたためです。実際、楽しそうに帰ってきたとき、いい経験をしたのだなと実感しました。
他人の家で生活して、自立心も付いたと思います。今回は2週間で英語学習には短かったので、これをきっかけにして、次には1年ぐらい行って、英語力を伸ばしながら、ますます視野を広げ、将来の仕事につなげてくれるといいなと考えています。

*お母様からみたお奨めのポイント
・親元を離れ、英語の環境でいい経験をさせられる。
・視野が広がり、興味も広がる。
・自立心が養う機会となる。

高原実保(みほ)さん 参加者の声

高原実保(みほ)さん
ブリスベン 英語集中コースに参加 2013年3月

京都府 洛北高校2年生(参加当時の学年)

●生徒 高原実保(みほ)さん
会話力の向上と友達を作るのを目標に参加しました。日本人はシンガポールから参加のRさんだけだったので、滞在中ずっと英語漬けの毎日でした。

短期間に会話力とリスニング力が伸びたと実感しています。クラスメートのフランス人と韓国と放課後、買い物にいったことと、最後にサウスバンクでBBQパーティを学校の仲間がしてくれたのが一番の思い出となりました。英語漬けになって、文化も違う国で過ごしたことは、刺激も多く、いい経験となる!とお友達に勧めたいです。

●保護者 高原育代様
息子が中3の時にワールドスクエアのプログラムに参加したので、娘にも同様の体験をさせたいと思っていました。英語の勉強だけなら、日本でもできますが、若いうちに勇気をもっていろいろな経験をしてもらいたかったからです。実際、出発前は心細かったようですが、現地サポーターやホストファミリーの支えもあり、現地の滞在を最大限に楽しんできました。1人で外国生活をしたことは、本人にとって大きな自信となったようです。ワールドスクエアはシンガポールの会社でしたが、スカイプで行う出発前オリエンテーションも親向け、子供向けにしていただき、現地サポートが充実していましたので、安心していました。大満足です。

ページトップへ