グローバル教育ニュース INFORMATION

HOME > グローバル教育ニュース >  > IB インターナショナルバカロレア 評価が高い理由

IB インターナショナルバカロレア 評価が高い理由

グローバルなカリキュラム

     ・特定の国家の文教政策によらない、トランス(超)ナショナルカリキュラム

     ・異なる宗教、思想、文化をもつ生徒のDiversityに対応

     ・「異なる」ことを前提とした「平和的解決」への話し合いの訓練

 

さまざまな文化背景に対応する科目構成

     ・学習言語【英語・フランス語・スペイン語・中国語】

     ・教養としての文学、思想の学習

     ・国際人としての複数の言語取得の機会

 

一貫した思想に基づく継続カリキュラム

     ・ディプロマ取得につながる継続的カリキュラム構築

     ・発達心理学、言語発達、抽象思考、論理思考の養成

     ・知識偏重でない体験、経験重視

     ・社会貢献を前提とした国際人として倫理観の養成

      →大学入学前、半年〜1年のGAPイヤーによるポランティア活動の参加の奨励

⇒ Well-Balanced Individualであることの追求

⇒ 国際人としてのバランス感覚と問題解決能力

 

大学のリサーチ型学習につながるカリキュラム

     ・縦割りでなく、各分野の関連性を重視

     ・解答がひとつとは限らない問題演習

     ・結論までのプロセス、推論を繰り返す手法の重視

     ・大学での研究分野の絞込みを前提とした学習

     ・簡単に結論付けない論証技術

     ・狭い分野の議論にとどまらない発展的アプローチ

     ・新分野の構築、試案、実証のためのスキル構築

 

世界のカリキュラムと均質な学習内容レベル

     ・カリキュラムの内容の公開

     ・多くの科目選択肢

     ・IBOによる成績審査

     ・EXAMの方法、設問、採点技術が統一

     ・IBOによる教員トレーニングプログラムの提供

 

世界中の大学からの認知度

     ・バイリンガルディプロマ(英語と母国語)の価値と評価

     ・学生の成績レベル・世界中で(グローバルに)一元評価が可能

     ・USでの採用増加 APからIBへのシフトの潮流

                     ・シンガポールのローカルエリート校、インターナショナルスクールでの完全採用

ページトップへ